広告


高脂血症・高血圧・花粉症・結石・足底筋膜炎 > 降圧剤:ディオバンに続き、悪いニュースが出た武田薬品のユニシアLD(ブロプレス・アムロジピン合剤)から、ミカムロAP(ミカルディス(テルミサルタン)・アムロジピン合剤)に変更

降圧剤:ディオバンに続き、悪いニュースが出た武田薬品のユニシアLD(ブロプレス・アムロジピン合剤)から、ミカムロAP(ミカルディス(テルミサルタン)・アムロジピン合剤)に変更

ディオバンに続き、
ブロプレスに悪いニュースが出ましたね。

具体的には、よくわかりませんが・・・
同じデータを基にしたグラフが二つあって、
云々かんぬんということらしい・・・。
ディオバンと同じ道をたどれば、
武田薬品の強制捜査ということになるね。


ブロプレスとその合剤・ユニシアシリーズは、
武田薬品の稼ぎ頭ですが、
ブロプレス単体自体は、
1999年発売なので、
特許がもうすぐ切れます。

このニュースは、
アジルバ(武田の早朝高血圧にも効くという
最新のARB系降圧剤)に変更せよという、
武田の策略なんですかね???


ちなみに、
2014年2月17日付けの株式ニュースで、
武田薬品と資本関係があるあすか製薬が、
ブロプレスのジェネリック薬
(武田薬品お墨付きの意で
「オーソライズドジェネリック」というらしい)を
6月に発売するそうです。

で、ARBについて調べて、いろいろ考えた結果、
ユニシアLD(ブロプレス8mgとアムロジピン2.5mgの合剤)を
ミカルディスという系統の薬に変更することにしました。
処方されたのは、ミカムロAPという薬で、
ミカルディス(テルミサルタン)40mgとアムロジピン5mgの合剤です。

ミカルディス(テルミサルタン)は、降圧作用のほかに、
選択的PPARγ活性化作用というおまけがついているので、
インスリン抵抗性の改善とか、
糖代謝・脂質代謝の改善とか、あるようです。
あくまで、おまけですが。

なお、
ミカルディス・ミカムロは、
日本ベーリンガーインゲルハイムの薬です。



ミカムロAPの広告・・・
http://www.ryudai2nai.com/doc/20120110_2.pdf

PPARγとは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/PPAR%CE%B3
関連記事


広告


広告




管理者にだけ表示を許可する