広告


2008年02月 の記事一覧

スナック「実里」3日目・本公演最終日行って来た

行って来ましたよ~。みのりんこと茅原実里さんの本公演最終、
東京渋谷o-eastでのライブ。

23日は前日とは違って東日本は暴風に見舞われるとのことで、
新幹線・山手線ともに徐行・不通が怖かったので、
1時過ぎの新幹線のぞみで早めに行くことにしました。

まずは新幹線指定席の乗車券を購入して、
名駅構内のマックで昼飯のハンバーガーとコーヒーを買って
コンコースへ。。。

あ~ジャンバー着てても、寒い・・・

京都・米原間で徐行してるとかで、乗る新幹線が5~10分遅れてくる。
新幹線に乗り込み、車内ではザウルスでコンタクトを聞いて予習。
だが次第に、こっくりこっくりと、眠くなり zzz zzz zzz
品川に着く直前に曲をIRON MAIDENの「FEAR OF THE DARK」に変え、
大音量で眠気覚まし。

品川には5分遅れの3時過ぎぐらいで着いて、
なじみの乗り換え待ちをする場所で、まったりと4時ごろまで時間つぶし。
ジャンバーと荷物を駅構内のコインロッカーに預け、
幸い、山手線は止まっておらず、(品川駅ではちらほら、他線で暴風のため徐行や不通があったな~)
山手線に乗り込む。
渋谷駅について、北側のハチ公出口を出て、
あれっどっちの方向だっけか・・・・????と一瞬迷ったのだが、
109の根元の二股に別れた道沿いに行けばいいんだなと思い出して、
ラブホテル街を突っ切り、4時30ごろにo-east到着。

東京公演だけあって、お祝いの花が多かったよ。カメラ持ってけば良かった。
ちょっと待っていると、すぐに呼び込みが始まった。
今回は整理番号が、とっても良くて、早々に呼び込まれました。
待ってる間、前後の人とまったり話をして時間潰し。

で、入場。整理番号が超良いので、最前列に陣取りましたよ。
でまた、開演まで1時間ほどあるので、先ほどの話していた両隣の方達と談笑。

そうこうしてる間に、開始ですよ~。

まぁ、最終日だし、水曜日のラジオ「ミノリズム」で新曲が発表されたので、
セットリストに新曲入るかな~という期待半分でしたが、、、
セットリストは大阪・名古屋公演と変わらず。
変わったのは、スリーピングテラーの時に炎がつくトーチみたいなセットが4本から6本になったのと、
セット奥中央の数段高くなっている段数が、もう1段高くなったことぐらい。
(会場が広くなったのにあわせての対応かなと)

歌は、ほんとすばらしかったです。
何度、生で聞いてもすばらしいです。

ただ今回は、最前列だったので、スピーカーからの場所が前過ぎて、
音が後ろから回り込んでくる感じで、ちょっと気持ち悪かったです。
スピーカーを2つの頂点にして正三角形の場所、大体PAがいる場所が音が一番良いはずなんで、
聞くのに限れば、最前列はあまりよくないのですがね。

それから、みのりんの声が若干こもっていたように感じました。
エフェクターを通して、リバーブをかけてるのかな?
(ディレイをかけてる場面はあったので、エフェクターは絶対通している。)
それとも、会場が広いからそう聞こえるのかな?
クリアさが若干欠けた声でした。残念な点でした。
リバーブ・ディレイについて・・・http://members.at.infoseek.co.jp/dai56/pa/space.htm

3月にある追加公演4公演の会場は今回の本公演の大阪・名古屋・東京よりもいずれも広い会場なので、
そのあたりの音作りをPAさんにはしっかりとやって欲しいです。
音に関して個人的には、2日目の名古屋が一番良かったです。
みのりんの声をあまりこてこてエフェクターで加工せずに、
クリアさをなくさずに伝えて欲しいですね。

それにしても、東京の客はKYな客が多いね。
MCしてる時なんかの掛け声が(内容的に)残念なのが多かったり、タイミング的に残念なのが多かったり。
音だけでなく、客の質も名古屋が一番ですかね。
アンコール2曲目終わってからの、みのりんの最後のバイバイの時間が東京は極端に短かった。
変な野次飛ばすやつがいたから、気分的に萎えちゃったんじゃないかな???

総合的には、名古屋>東京>大阪という感じですかね。
感極まって完全にみのりんが泣いてしまったのも名古屋だけだしね。

大阪がびりっけつなのは、音が非常に悪かったからです。
詳しくは1日目のレビューを見てください。
客の乗りは大阪は東京よりも良い感じがしましたよ。

あと、MCが3公演続けて同じという場面が多々あって、
3公演連続行っている自分としては、ちょっと物足りないかな。
初めてのツアーでハードルを高くしすぎてはいけませんが、
ライブ慣れしてるこちらとしては、期待してしまいますよね。。。
みのりんがやっていたおしゃ木を見たことがないので、
おのさかまさやがどの辺を指して残念・魔法がかかってる子と
言ったのはわかりませんが、みのりんのMCは良い意味で、
その残念さ(おのさか氏と同じところを指してるかどうかはわからないが・・・)が
良い雰囲気を作り出しているので、OkiDoki。

会場は2階席もあって、ステージから見て右側がどうやら関係者席らしくって、
ブログで参加確認できたのは、森永理科タソとオタエリこと喜多村英梨さんと門脇舞以さんが来ていたみたい
2chではハルヒチーム(綾タソ、ゴトゥーザ様、小野ディ、杉田)が来てたとかいう話しがありますが、
まぁ、1階からは照明とスモークの関係で、2階席の顔までわかりませんが。。。噂の域から出ないでしょ。
あと、高垣彩陽さんが来ていたようです。

(そうそう、2つ隣の方が、キモイ『オタ芸師』2人に無理やり割り込まれちゃって、可哀想だったな~。
 私と隣の方はディフェンスできましたけどね。)

ライブが終わって、開始前に談笑していた人達とお疲れ様をして、
新幹線でビューと帰ってきました。
帰ってきたら、名古屋は雪。

ハルヒでのキャラソン「雪、無音、窓辺にて。」をやらなかったのが残念。
追加公演に期待。

あ~、それにしても、みのりん、最高~♪

衣装チェンジして青のドレスで出てきたとき、
ぐるぐるっと激しく回ったのだが、パンツが見えそうで見えなくて、
ドキドキしたのは私だけじゃなかったはず!!!


IRON MAIDEN 2日間連続ライブ行ってまいりました

出発したのがはるか昔に感じられる。。。長い2日間でした。

15日前場の先物取引が終わってから、出かけました。

こだまで名古屋から新横浜まで、約2時間強、
ゲームをしようかと思いDSも持っていったのですが、
電車に酔うといけないので、やはり自重し、
ニコニコ動画でゲットしてMP3化した
ねぶらのネットラジオの過去分を聞きながら
うとうととしていると、ようやく着きました。

で、地下鉄に乗り換え、目的地兼泊まるホテルのある桜木町に到着。
事前に、泊まるホテルの位置を確認しておいて、
パシフィコ横浜国立大ホールまで
動く歩道+巨大施設(すごいねあのあたりの複合施設は)の通路を使って、移動。

まだ時間があったので、途中のマックで時間つぶし+夕食。

開場ちょい前に会場に着いたが、いまいち入場口がわからず・・・。
STAFFに聞き入場口のある1階へと降り、開場待ち。

ちなみに、当日券売ってました。3階席だろうけどね。(SOLD OUTじゃないのねw)

列に並ぶのが好きではないので、
入場列が消化されるのを待ちながら、やっとこさ入れた。

入ると、物販にすごい人だかりが。ちょ、おま。
ツアーTシャツぐらい買おうかと思ったが、
値段がぼったくり価格と高いので、止め。
込み合いすぎてるし、ちょっと買えないという現実も。
ホールの中に入って席を確認すると、
やはりPA・照明卓の一つ前の席。
クリマンの先行グッジョブ。良い席じゃないか!!!!!!!!!!!
ホール全体が、なだらかに傾斜していて、最後列からも見やすい構造。
いいホールかも。

スモーク焚きすぎな状況で、www
またーり待っていると、
開演の15分前、6時45分ごろから、
またあのハリスの小娘の糞親の七光りバンドが前座として出てきた。
ノー拍手、ノー歓声でやり過ごす。
苦痛・・・、拷問ですよこれ。ほんと、やめてほしい。。。

で、前座の機材を撤収して、
DOCTOR DOCTORが流れて、さぁ登場ですよ。

まぁ、メイデンによくありがちな舞台セットで・・・

2chからセットリスト転載(あってるかどうかは?)

01. Intro - Churchill's Speech
02. Aces High
03. 2 Minutes to Midnight
04. Revelations
05. The Trooper
06. Wasted Years
07. The Number of the Beast
08. Can I Play With Madness?
09. Rime of the Ancient Mariner
10. Powerslave
11. Heaven Can Wait
12. Run to the Hills
13. Fear of the Dark
14. Iron Maiden (エディ登場)

encore
15. Moonchild
16. The Clairvoyant
17. Hallowed Be Thy Name

席がよかったんで、大変楽しめました。1日目は・・・。
(2日目がひどい、ひどい理由は後で書きます)
ホールということもあり若干音がこもるんですが、そこはしょうがないなと・・・。
ちょうどPA卓の前の一番左右の音響バランスがいい席で堪能できました。ほんと最高でした。
前の席の人は、ラッキーにも小さい女性だったので、余計見やすかったです。

個人的には
2 Minutes to Midnight
The Number of the Beast
Run to the Hills
Fear of the Dark
Iron Maiden
Hallowed Be Thy Name
が良かったです。べたですがね。足、パンパンに痛い。

Revelations
Rime of the Ancient Mariner
Powerslave
はあんまり聞き込んでないので、のれんかったな~、予習不足です。はい。

そんなこんなで、1日目終了。

2日目は幕張メッセ。
することもないので、チェックアウトを延長して、ホテルで時間をつぶして、
桜木町→(根岸線)→横浜→(東海道線)→東京→(京葉線)→京浜幕張
と移動、約1時間以上かかる。
オールスタンディングということで、京浜幕張駅のコインロッカーに上着とリュックをしまって、
途中のマックで時間をつぶそうとするも、
マック、メイデン客で混み過ぎ。。。止めて他の店に入ろうかなと探すも値段高すぎ。
そんなこんなで、うだうだしてると時間も迫ってきたので、幕張メッセへ移動。

ホール3が主会場のようで、
ホール2が物販+入場待機場所。

整理番号が300番台だったので、早々に入場待機場所のホール2に入れた。
ちょうど隣になった人と、グダグダと話をしていると、
整理番号の呼び込みが迫ってきたので、その人とは別れて
開場のホール2の方へ入る。左と右にフェンスで仕切られているだけで、
スタンディング場所のブロック分けはない様子。これが後の悲劇へ・・・。

割と若い番号で入れたので、勢いで10列目ぐらいとかなり前の方で陣取る。
最初はまったりしていられたが、
昨日と同じ糞なオープニングアクトが始まった時点で
前方の客が『流動化現象』発生!!!!!!!!!!!!!!!
キターーーーーーーーーーーーーーー
押し合いへし合いで、死にそう。マジで死にそう。

『命の危険』を感じたので、少し、下がることに。

会場の前から3分の1ぐらいのところまで下がったが、
そこでも、押し合いへし合いの状況。

そんな状況で、DOCTOR DOCTORが流れ始め・・・

『ここでもだめか。こりゃいかんな』と思い、
2分の1ぐらいのところまで、さらに下がる。orz orz orz
2曲目の2 Minutes to Midnightぐらいになるとだいぶ客も落ち着いてきた。

曲順は1日目とたぶん同じ。アンコールまで同じ。

勾配も段差もない、オールスタンディング向きではない糞会場なので、
ブルースなんて全然見えない。演奏してるメンバーも全然見えず。
セットの上に乗った時のブルースとIRON MAIDENの時のエディの頭が
かすかに見えるぐらいで、2時間まるっきりだめだこりゃ・・・。
全然だめ。楽しめない。

楽しめないので、アンコール前のIRON MAIDENが終わった時点で、
真ん中あたりから最後列まで移動開始。
最後列まで到着する前にアンコールが開始されるが、
かまわず、移動。後ろの方はかなりスカスカだな~。

一番後ろにはジュースやらビールやら食いもんやらが売っていたので、
コーラを買って、もう半分あきれて、座って飲んでた。
コーラ旨~。心が折れていたのが、コーラで回復。

最後のHallowed Be Thy Nameを見ようと立ち上がるも、
最後列なので、豆粒。
はははは、これで、9500円+名古屋・東京間旅費+宿泊費の成果かよ・・・。
ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

IRON MAIDEN、関東連続公演2公演は失敗じゃないのかな~、
前回のツアーでアルバム丸ごと本編でやって、あんまり盛り上がらず、
アンコールのおなじみの曲でぐあ~っと盛り上がったのにかこつけて、
過去の曲のみでまわってみました、
しかもコストパフォーマンスを考えて関東2公演のみ
という感のある今回のツアーですが、
名古屋でやってくれとまではいわないが、
少なくとも、東京・大阪2公演がやはりベストチョイスじゃないかと。。。
幕張メッセという選択も最悪ですよ、人数さえ入ればいいという安直な会場選び。
メイデンとクリエイティブマンwww!!!

モッシュやダイブで死人が出なかったから良かったようなものの、
ほんとに、非常に危険なライブでしたよ、2日目は。
ブルースは、日本のライブでは2日目のほうがベストだとスタンディングの状況を気に入ってましたが、
ブロック分けが一切ないスタンディングは前から最後列まで逃げるところがない、
地獄のような状況でしたよ。
2ch読んでるだけでも、モッシュの状況、というか、モッシュと呼んでいいのかどうかすら疑わしい、
単なる圧死者発生必須の『人間流動化現象』の状況は、ほんと気分が悪くなりますね。

モッシュ=『人間流動化現象』じゃないと思うんですよ、
水をさすようですが。。。
お互いぶつかり合って楽しむのがモッシュのはずなので、
モッシュ部分の人口密度は、通常よりも低いはずなんですよね。
この間のTHE HAUNTEDのライブなんかのあれがモッシュなはずで。
密度が低いはずなんですよ、お互いぶつかり合うんで。
それが今回は、ブロック分けなしの逃げ場なしの状況で、
単なる人間の流動化が起こっただけで、
これをモッシュと呼んではいかんように思うんですがね。

ほんと、2日目は、最悪の集金ツアーと相成りました。
幕張メッセも最悪な会場。
去年のみのりんこと茅原実里さんのバースデイライブの悪夢のアストロホール・最前列付近の状況が
幕張メッセの規模で再現されたという、世にも恐ろしいライブでした。
ほんと、死人が出なくてよかったね。

あと、幕張は音が小さいand悪い。酷い会場だよ、まったく。

帰りはひかりで東京からぴゅーっと。
名古屋に着くとチラチラと雪が降ってましたよ。

まぁ、そんな、2日間でした。

GAMMA RAY & HELLOWEEN at 名古屋ダイアモンドホール

名古屋ダイアモンドホールでのライブ行って来ました。

キャパが千人ぐらい(?)で、
整理番号は200番前後だったので、
結構前で入れました。一般発売で取ったんだけどね。

フロアの前のほうだと、巻き込まれる危険があるし、
それほど曲も詳しくないので、後方での観戦。
後方4分の1ぐらいが、2段せりあがっていて、
その高さ1段目は50~60センチ、2段目は10センチぐらい。
見やすい、1段目せりあがりの最前で見てました。

それにしても、沢山客が入ってたな~。ほぼ満杯。
ブログ検索したら、大阪も大入りだったとか。
いまどきGAMMA RAY & HELLOWEENで客入るんかなと思っていたが。。。

客の乗りもよかったです。

個人的には、GAMMA RAYの曲は知らないし、
HELLOWEENは初期の数枚しか知らないのですが、
ジョイントライブということで、
期待していた、「FUTURE WORLD」がHELLOWEEN with GAMMA RAYで
見れたので満足です。

あまりジャーマンメタルは得意ではないのですが、
見ごたえのあるライブだったことは確かです。

4時間の立ちんぼはさすがに疲れた。
ここ4日連続のライブに体が疲れたのか、
唇の下に口唇ヘルペスが出来てしまいました。
親父が抗ウイルス剤を持ってたので、塗った。
これで、水泡化は免れるでしょう。

ちょっと体が疲れているようなので、
アリナミンでもぶっこみますかね。

JAM PROJECT 名古屋ライブ

zepp nagoyaでのJAM PROJECTライブに行って来ました。
ツアー二日目だそうです。(スタンディングは名古屋のみ)

一般発売で衝動的に取ったので、整理番号が無記号と悪いこともあり
(Aが1000人ぐらいBとCが100人ぐらい入ってから無記号の順に入場)、
まったりと出発。開場時刻過ぎに着いた。
20分ほど寒い中外で待って、ようやく入場。

会場に入ると、客の入りはこの間のGRANRODEO並みかなと思い、
4ブロック目ぐらいで見れればいいやと、
ロビーでジュースを飲んでいたら、
戻ってみると、4ブロック目までもいっぱいいっぱい人が入ってる。
というわけで、1段高くなってるもっとも後ろのブロックで見ることにする。
結果、始まるころには開場の後ろまで満杯といった状況でした。
JAMをなめてました。「名古屋だし、そんなに入るか?」と。

で、始まりました。(セットリストはなし、そこまでJAM詳しくないし)
JAMの曲はぶっちゃけ全然知らずに行った訳ですが、
結構楽しめましたよ。
6時開演予定で8時45分ごろ終わったのですが、
あっという間に過ぎました。

アンコール2曲目はMOTTOMOTTOの曲です。
あちらこちらのライブで、アンコールの催促の時に、
MOTTOMOTTOと叫ぶと、それはJAMさんのところの曲でしょと言われるが、
本家のMOTTOMOTTOを聞くことが出来ました。

6人、MCも歌もうまいし、
バンドは年齢をぐっと下げたニューメンバーらしいのですが、
演奏もとてもよかったですよ。ドラムは21歳と若かったです。
ツインギターにベースにキーボード(女)の構成。
あと、外国人(ブラジル人?)がJAMに一人混ざってました。
JAMについては、詳しくないので、その人がどういう人か知りませんが、
日本語で歌っても他のメンバーに遜色ないレベルでしたよ。

思ってたより、後ろでの鑑賞だったので、オペラグラスもって行けばよかったな~と後悔。
カブドットコム証券の株四季総会でもらったおもちゃみたいなオペラグラスがあるのでね。

スナック「実里」2日目(名古屋 ELL)行ってきた

今日は、地元名古屋のELLでみのりんのライブです。
雪はおおむね解けて、道路も状態いい。

目的地のELLは地下鉄「大須観音」駅を出てすぐなので、
まったり4時ごろ家を出て、地下鉄でぴゅーっと。

思ったとおり、大須観音の駅のコインロッカーは
全部使われてました。(というか、数が少ない・・・)
ということが事前に予想できたので、上着は着ずに行きましたよ、
小型ホッカイロ2個持ってね。

で、着くと、ELL前の道路上にコーンと柵が立ってて、そこらここらに人が。
時間が来ると、徐々に、STAFFがコーン内側に整列させていきました。
後ろの列のほうは、歩道橋をわたって、道路反対側までいってたな。www

で、漏れは、A60番前後ということで、割と早めに入れました。
待ってるのが寒かった。。。上着1枚ないからね。
カイロがなかったら、死んでるところ。

入って、今日もドリンクはもらわず、まずは場所取り。
ELLは地元ながら初めてなのだが、かなり小さなライブハウス。
とはいうものの、客席は小さい段差ながら、3段になっていて、
後ろのほうまで見やすい工夫が。(『糞アストロホール』は見習えよ。)

4列中央ぐらいをキープし、隣になった方と、あれやこれやと談笑して、
開演の6時まで約1時間、時間をつぶしました。

で、開演。
ま、舞台セットは昨日の大阪と一緒ですな。

違ったのが、音。すごくバランスがよかった。
昨日書いたのだが、昨日はドラムの低音が前に出すぎてて、
曲を台無しにしていた印象が強かったのだが、
名古屋公演は音響に関しては完璧といってもいいぐらいでした。
PAの人、昨日の俺のブログ読んだの?って感じで音が良くなってた。
名古屋公演は、当たりでした。

それにしても、みのりんは相変わらず美しい。
それに、何度、視線があったことか。
(ぶっちゃけ、照明の関係でみのりん側からは
客席はあまり見えてないと思うんだけどね。。。orz orz orz)

セットリストは、昨日と1曲も変わらなかったような気がしました。
2chや他ブログで確認したいと思いますが。
替わっていたら、追記します。

歌詞を失念することもまったくなく、
ほんとにうまく歌うな~と関心ですよ、みのりん。
バンドメンバーも昨日に増して気合が入っているようで、
時間があっという間に過ぎましたよ。

アンコール2曲目のラストの曲では、
感極まって、涙するみのりんでした。

ほんといいライブだよ。

難点をいえば、もう少しMCのネタを勉強する必要があるなという点と、
いくら初めてのツアーだからといっても、
同じセットリストはないだろう・・・と。
私の我侭かもしれませんが。。。
セットリスト、少しは替えて欲しかったなと・・・。

帰りに、どうしようか迷っていた、ツアーフォトブック、
衝動買いしちゃいました。
4500円、ちょっと高いような気もしましたが・・・・・・・・・・・
まぁ、記念に買っときましょうか、ということで。

今日は、遠征じゃなかったので、
体調的にも楽で、いいライブが堪能できました。

後は、本公演は東京公演を残すのみです。
ぶっちゃけ、整理番号、東京公演が一番いいんだよな。
なので、至近距離でみのりんを堪能できるかと思うと、ワクテカです。

検索用:茅原実里

スナック「実里」1日目(大阪BIG CAT)行ってきた

スナック「実里」行ってきた
バースデイライブ行った人はスナックの話分かるよね。

で、スナック「実里(みのり)」1日目は大阪BIG CAT(難波)です。
大阪は一度も行ったことがなく初遠征ということで、ドキドキです。
大阪は田舎へ行くときに新大阪と空港を通過したことしかないので。
(近くの京都や奈良は修学旅行や大学受験で行きましたが。。。)


昨日から天候を見ているとどうやら大阪・名古屋ともに雪の様子。
新幹線で行こうか、近鉄で行こうか悩んだ末、
お得な回数券(4枚つづり)みたいのがある近鉄で行くことにしました。
新幹線だと1時間以内と速いけど、
到着の新大阪から地下鉄に乗り継がないと行けないのに比べ、
近鉄だと近鉄難波駅から歩いて目的地のBIG CATまですぐ行けるのと、
行く予定の大阪追加公演でもそのお徳回数券が使えそうなので。

雪で電車が遅れるのが心配だったので、12時前には家を出ました。
で、名駅で回数券を買い、今日の分の13時出発の特急券と交換し、
昼飯が食べれる所を探したが良い所はこの時間混んでいそうと思い、
なじみの回転寿司屋を覗いたらちょうど席が空いていたので、
そこで、サーモンx2、ブリx1、ホタテx1を食べて1500円也。

食べ終わったらちょうど電車がに乗る時間になりささっと乗車。
近鉄は家族旅行で小さい時に乗って以来、15年以上乗ってないな~。

乗ってみてびっくりは、
2人2人の4人1列の席なんだけど、2人の座席の間の
仕切りが新幹線みたいになっていない。
まぁ、隣に誰も来なかったから良かったものの、
デブが来た日にゃ、2時間終わってます。

行きすがらはアルバム「コンタクト」をmp3化したやつを
ザウルスで聞いてました。あまり同じものばかりだとつまらないので
途中、みのりん仕様SOS団楽曲や眠気覚ましにPRIMAL FEARを聴いたり。

途中、うとうとしながらも、雪で20分ぐらい遅れて近鉄難波に到着。
ここで、駅のコインロッカーを探したが、どこも使用中で全然あいてない。
事前に、BIG CATにコインロッカーがあるかTELして聞いたら、
中にしかないとのこと。
入場してからじゃ遅いんだよ。いい場所とられちゃうじゃん。

ということで、仕方ないので、上着と平たいリュックは持ってライブに臨むことに。。。
寒かったしね。

3時45分ぐらいにBIG CATの入ったビルに着いたので、会場偵察。
ここで、残念なお知らせ。
あの悪名高い2chにオチスレ(観察スレッド)が建つほどの
極悪イベンター和田がいた。
あ~あ、と思いながら、
ライブに先駆けて売られているマーチャンダイズにはあまり興味ないので、いったん退散。

時間つぶしに、
BIG CATの入ってるビルの横のマックに仕方なしに入る。(現在、不買運動中だが・・・orz)
ハンバーガーとコーヒーを頼んで時間をつぶそうかと思ったが、
喫煙席しか開いておらず、食べてすぐにマックを出る。

BIG CAT(ビル4階)へ上がる階段のところで待つことにする。
そうすると、近くに和田と和田の取り巻きらしきやつがぞろぞろと来る。
で、和田はスクイズの大阪イベントに参加してここへ来たとか、
今年はまだ『18回目』のイベントだの、
今日のライブは『200何回目』だの和田の自慢話を聞かされる羽目に。
和田の取り巻きも、自己中なやつみたい。
A500番台のチケットを持ちながら、
平気でA100番辺りにいる。頭おかしいなこの集団。

時間が来て、最初はゆっくりと番号順に呼ばれたのだが、
A50から一気にA60・A70と10番刻みで呼びだす。
グダグダ仕切り。(頼むよ、おい)

俺はA100前後だったので、結構前で入れた。
コインロッカーに荷物を入れている人を横目に、
ドリンクはもらわず、場所キープ。
大体、真ん中、4列目ぐらい。

これから、約1時間開演まで立ったまま。足が痛い・・・。

で、始まるころに、さらに悲しいお知らせが。
和田がなぜか、俺のチョイ左の2列目ぐらいに青Tシャツでいる。
あれ?
和田、少なくともA150よりも後ろのはずだけど。。。
(階段に上から番号順に並んでいて、見えた範囲に和田はいなかったので、
A150以下なんだな~と思っていたが、あれ???)
恐ろし、和田。どんなに糞チケットでも
常に最前キープかよ!!!(マナーのかけらもないな)
(2ch情報だと、和田はA600番代だったらしい。
さながら和田は『ゆとり+自己愛性人格障害者+モンスターチャイルド』ってところかな)

ウザイので、和田のことはさっぱり忘れることにして、いざ開演。
素敵な白のドレスでみのりん登場。キターーーーーーーーーーーー美しすぎる^^;)

バンドメンバーはベースのみバースデイライブから交代。
(ハンサム韓国俳優っぽいベースの人いなくなっちゃった。
 都合つかなかったのかな、今回の公演は。。。)

以下セットリスト、2chと某ブログより転載。

1 Contact
2 詩人の旅
MC
3 Peace of mind~人魚のささやき~
4 ふたりのリフレクション
5 Cynthia
MC
6 Fragment~Shooting star of the origin~
7 sleeping terror
MC
8 Dears~ゆるやかな奇跡~
9 mezzo forte
お着替え♪
10 夏を忘れたら
MC
11 Last Arden
12 君がくれたあの日
13 too late? not late...
14 純白サンクチュアリィ
MC
15 truth gift
ツアーTシャツに着替えてアンコール♪
16 詩人の旅
MC
17 Contact 13th

20時10分(だったはず)ごろ終了。
いや~、いいライブでしたよ。

ちょっと気になったのは、
ドラムの低音が前へ出すぎているのと、
ボーカルの音量がやや足りないのと、
キーボードがあまり聞こえないという3点。

ブログには書きませんでしたが、
原田知世のライブに行って来たんですよ、この間。
その音響バランスがよかったものだから・・・。
それと比較すると、以上3点が気になりました。

打ち込みの音なのか、生ドラムの音なのか判別は出来ませんが、
ドラムの低音が強すぎる、これが、全曲を通して、曲をだめにしている。

それから、みのりんのボーカルのボリュームがやや弱い。
原田知世の時は、バンドはそれこそ『縁の下の力持ち』で
一番アピールするべきは知世の声なので、
ボーカルが強調された音作りになってましたが・・・

それから、キーボードがあまり聞こえなかった。
打ち込み・あらかじめ録音(ストリングス等)の音が大きすぎて、
ケニー(キーボード担当)の音が小さかった。

なんか、音響バランスが悪かったな~。
ライブハウス自体が悪いんじゃないと思うが、PAに問題ありだな。

後、残念だったのはストリングスがいないこと。
知世のライブでは、バイオリンが1人いたのだが、
これが非常に音に深みを出していた。
みのりんのライブは打ち込み(シンセサイザー)なのか?あらかじめ録音なのか?
ちょっと残念でした。
激奏でストリングス入れたからね、あれの印象が強くて、ストリングスが欲しいと思いました。

そんなこんなで、終わって、足痛~。イブプロフェンぶっこみ。
早く、体重減らされなけりゃ。。。

近鉄難波駅から近鉄で名古屋まで帰ってきたのだが、
帰りの電車の運転手、運転下手すぎ。
急加速したり、急減速したり、おかげで電車に酔っちゃったよ。
生あくびと、げっぷと、耳鳴り・・・乗り物酔いの症状が・・・。
あ~、気持ち悪、と思いながら、吐くことはなく、名古屋に到着。

夕食は、気持ちが悪いので、パスして、帰宅です。
こんな一日でした。

明日というかもう今日は、名古屋ELLでスナック「実里」2日目です。

PS.
アンコールの大合唱の時、ふと横を見たら、
和田はアンコールの大合唱に参加せずただ立ってるだけ。
あれ、何しに来てるの?
で、和田、アンコール曲の時には、
最前列で滞空時間5秒とも10秒ともいわれる
和田ジャンプしてました。(糞藁
単に目立ちたいだけなのね・・・。
やはり、和田は自己愛性人格障害者だ。

検索用:茅原実里