広告


映画

カテゴリ:映画 の記事一覧

トランセンデンス(吹き替え版)をベイシティ名古屋まで見に行ってきた。「ひまわり、雨、ひとしずく」

2014/07/13(日) 01:47:36 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
トランセンデンスの吹き替え版が、
金曜で最後のようだったので、
(字幕はまだ上映中、7月13日時点)
急いで、ベイシティ名古屋まで
見に行ってきました。

以下ネタバレ有り
























































SF映画と思いきや、SFを下敷きにした恋愛映画でしたね。

銅線の網で一定範囲を囲う(「ファラデーケージ」と言います。)と、
電磁波が導体で遮断されて、
外界の電磁波に干渉されない世界になるわけですが・・・

ラストシーン、天才科学者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)が死んで3年後、
全コンピューターが停止し、停電で荒廃した世界になってしまったところで、
マックス・ウォーターズ(ポール・ベタニー)が、ウィルの家を訪れる。

ウィルと集合意識をも有し、相互に通信もしている
自己増殖作用を持つナノマシーン(雨で世界中に拡散した)が
ウィルが映画冒頭で家の庭に作っていたファラデーケージ(銅線の網で囲われた部分)の中では、
「マックスが作ったウイルスプログラム」にやられることなく、生き残っていた。

「枯れたひまわり」・「油膜の張った汚い水」が、
ナノマシーンの作用で、
再生・浄化される。

それは、妻であったエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)が、
望んでいたことであったから。
(映画冒頭の、
マックスがホールで講演する前の
エヴリンの話した内容が重要です。
何を彼女が望んでいたかが。)



以下、英語版ウィキより引用。

Three years later, in Will and Evelyn's garden outside their old home in Berkeley, Max notices that their sunflowers are the only blooming things in it. Upon closer examination, he notices that a drop of water falling from a sunflower petal instantly cleanses a puddle of oil — and realizes that the Faraday cage has also protected a sample of Will's nano-particles. Max infers that Will and Evelyn's consciousnesses are still alive within the active nano-particles, giving the world a second chance at Transcendence.


向こうのウィキは映画のネタバレ有りなんですね!w

世間が言うほど、そんなに駄作かな?と思いましたが、
私は非常に楽しかったです。
字幕版でもう一回見たいかな。

ボックスオフィス(興行収入)は、まぁ、
映画がストーリーを説明不足だから、伸びないのは当然でしょうね。

あと、「SFもの・バリバリの人工知能もの」を期待していくと、
痛い目を見ますね。w

映画:悪の教典、1分でわかるネタバレサイトが・・・

2012/11/12(月) 00:41:39 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
映画「悪の教典」、どうせ見に行かないので、
ネタバレだけ見ようと、
1分でわかるといううたい文句の、
サイトのリンクをクリックしたのだが、
明らかに1分で読める量の文章じゃない。。。w

ネタバレ読むのすら断念した。


どうせ、つまらん、動機だろうしなー。

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 犯人は・・・(ネタバレ)

2012/08/19(日) 22:16:01 映画 THEME:映画 (ジャンル : 映画 EDIT
萩原が熱演すぎて、
犯人かと思っちゃいますが、
違うようです。

犯人は、・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

犯人は、追記に・・・

続きを読む

ダークナイトライジング(吹替え版)、見に行ってきた

2012/08/15(水) 10:35:40 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
ネタバレは控えます。

14日は、TOHO系シネコンは、1000円均一のようで、
安く見れました。

で、ですが、
「バットマンビギンズ」は見ておいたほうがいいですね。

その伏線回収があるようなので。

私は、ビギンズは見てなかったので、
その辺よく分かりませんでした。

「ゲットスマート」にも出ていたアンハサウェイprprhshs、
ってところですね。

面白かったです。
内容の凶悪さは、前作の方が、いってたかな~~~。


あまり書くとネタバレになってしまうので、
このへんで。

WOWOW「ヘル・レイザー」「ヘル・レイザー2」「ヘル・レイザー3」一挙放送

2012/02/04(土) 02:42:11 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
WOWOWで、
今、「ヘル・レイザー」「ヘル・レイザー2」「ヘル・レイザー3」
の一挙放送をやってます。

1・2が終わって、ちょうど3が始まったところ。

DVDレコーダーで取ったけど、
いまいち、アス比がちょっとだけ変なので、
ブルーレイで、1・2・3、買うかなーーー???




「攻殻SAC SSS 3D」見てきた。

2011/04/13(水) 23:41:02 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
事前にぐぐった感じでは、どこかのブログの感想で、
シナリオが変更されてるみたいな記述があったのだが、
たつやで借りて家で見たのと、
シナリオ・アフレコは、まったく、同じでした。
OP/EDの映像が、3D用に新規に作られていました。

シナリオ変更がなかったから、
わざわざ家で見ておく必要なかったかな~と。。。

押井版攻殻が哲学的なのに対して、(当方、イノセンスは未見)
神山版攻殻は社会的・政治的ですね。


まぁ、なんですか・・・、
3Dは、ほんと、目が疲れますね。
深度にあわせるのに、目の筋肉、総動員といった感じ・・・



名言:
荒巻大輔(CV:阪脩)
「一つだけ言える事は、
我々は自らを律するルールの中で
不条理に立ち向かって行くしか無いと言う事だ。」






攻殻機動隊3D、人気あるな~

2011/03/27(日) 02:00:43 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
明日の朝の回、売り切れとる。。。


gis


週が明けてから見に行くか。

ちなみに、押井の攻殻機動隊ゴーストインザシェルしか見てないんだけど、
大丈夫かね?

たつやで、借りてきて、3D見る前に、見ておくべきかな???

http://www.ph9.jp/



映画:ブルーレイ「ザバンク」「シークレットウインドウ」

2010/07/14(水) 07:04:06 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
先日買って来て、積んであったブルーレイの映画を見ました。

一本目は、「ザ・バンク 落ちた巨像」(原題:TEH INTERNATIONAL)。
これは掛け値なしで面白かったですね。

インターポールの捜査官が超一流銀行の巨悪に挑むという構図です。

主人公は、「インサイド・マン」や「シューテム・アップ」のクライブ・オーウェンです。
ナオミ・ワッツが主人公の相棒的な役です。


二本目は、「シークレット・ウインドウ」。
スティーブン・キング原作、ジョニー・デップ主演で期待してたんですが、
がっかりでした。

筋は、離婚したての売れっ子小説作家の所に、
自分の小説をお前に盗作されたという男が現れるのだが・・・

といったところ。

同じくスティーブンキングの映画「ダーク・ハーフ」のような
作品を期待していたのですが、
全然駄目でした。駄作です。
救われるべきは90分強と短いことかな。

  

 


シャッターアイランド・吹替え版(ネタバレあり)

2010/04/09(金) 21:18:30 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
映画見てきました。

シャッターアイランドの吹替え版です。
字幕は、目が疲れるのでね。

探した所、名古屋での吹き替えは、
荒子川公園駅近くのシネコンでしかやってないので、
そこまで行って見ました。

感想ですが、(読みたい方はスクロール!)






























































まぁ、よほど鈍感でない限り、
ディカプリオ本人が精神病か統合失調症(古い名前:精神分裂病)で、
全部が妄想というオチが分かってしまうと思うんですが、
ビューティフルマインドほど美談になってないしな・・・

それに、妄想にあわせて、それを本当だと仮定して、
演技してくれる医者っていうのも現実にはいないと思う。

まぁ、ラストシーン、治ってるのに治ってない振りして
ロボトミー手術を受けに行ったと見えなくもないですが・・・
難点が。

統合失調症とかは、治ったとは言わないんですよね、白血病とかと同じで。
「寛解」と言います。( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BB%E7%99%92 )
つまり、ディカプリオがラストで治った振りをして・・・というのは、
統合失調症という病気の性質上、
きわめて現実的には難しいということになるわけです。
この点、非常に、非現実的なファンタジーな終わり方にしてるわけで・・・
なんか納得がいきません。
まぁ、そういう描き方にして、美談っぽくしないとまとまらんというのもありますが。


それにしても、
イマイチ、スコセッシが金かけて作った意図が分からん。

サスペンスとか謎解きとかいうより、妄想と分かったからには、サイコものだしね。

宣伝見てると、統合失調症の啓蒙活動というわけでもなさそうだし。

映画「ノウイング」見てきた

2009/08/10(月) 20:05:29 映画 THEME:日記 (ジャンル : 日記 EDIT
8月9日は、ガールズエンタが始まるまで時間つぶしに、
映画を見てきました。
見たのは、ぱっと見面白そうなのを選んだのですが・・・、
ニコラス・ケイジ主演の「ノウイング」

これが、デラ怖かった。。。

書いちゃうとネタバレになっちゃうんで、書きませんが。
途中まで、マジ怖い。

ラストは、伏線の張り方からの予想が的中してしまって。。。(ry

公式サイトのトレイラーやチラシはかなりネタバレ要素が強いので、
一切、情報遮断して見に行くことをおすすめします。

カップルで見に着てる人もいたけど、
そういう系統の映画ではないね。