広告


高脂血症・高血圧・花粉症・結石・足底筋膜炎

カテゴリ:高脂血症・高血圧・花粉症・結石・足底筋膜炎 の記事一覧

2017年4月、最近の薬事情

毎食前
漢方・大柴胡湯去大黄(だいさいことうきょだいおう)・・・肝臓庇護、高中性脂肪血症、肥満対策
漢方・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)スギ花粉症対策




アムバロ(ディオバンとアムロジピンの合剤エックスフォージのジェネリック:降圧剤、高血圧対策)
プラバスタチン5mg(高中性脂肪血症)
アレロック・ジェネリックOD5mg(スギ花粉症)
エパデール・ジェネリック300mgx3(EPA、高中性脂肪血症)
トコフェロール酢酸エステル・ジェネリック50mgx2(ビタミンE、高中性脂肪血症)



エパデール・ジェネリック300mgx3(EPA、高中性脂肪血症)
トコフェロール酢酸エステル錠50mgx2(高中性脂肪血症)



エパデール・ジェネリック300mgx3(EPA、高中性脂肪血症)
トコフェロール酢酸エステル錠50mgx2(高中性脂肪血症)



アレロック・ジェネリックOD5mg(スギ花粉症)
ファモチジン・ジェネリックOD10mg(ガスター10のジェネリック、夜間の逆流性食道炎対策)


広告



尿管結石、ついさっき出ました。トゲトゲの結晶の長さなんと、7ミリ!!(写真有り)

2016年5月12日(木曜日)の深夜に
右背部が痛くなって、
ロキソニン60mgを2錠飲んで、
朝方に1錠飲んで、
翌日、起きてから、
右下腹部に痛みが移動して、
さらにロキソニン1錠飲んで、
治まっていたおそらく尿管結石ちゃんですが・・・
(七転八倒レベルを10とすると、ロキソニン飲んで、
2~3の痛みで推移、そして止む。)

5月15日(日曜日)の
朝飯食べてからの、
午前11時ごろからまた右下腹部が痛くなり出して、
ロキソニン60mg1錠と、
ムコスタ(胃薬)を飲んだんですが、
七転八倒レベルを10とすると、
今度は、1から5・6を行ったり来たり。

痛みが止まったかと思うと、痛くなって、
痛くなったかと思うと痛みが止まって、
若干の不快感だけになったりを、
15時までぐらいまで繰り返していて・・・。

名鉄タクシーの電話番号まで調べて、タクシー呼ぶ準備までして
14時ごろ、某総合病院の救急外来に電話で相談したら、
ちゃんと会話が話せてるから、痛みのコントロールできているから・・・、
とか言われて、結局、日曜に来られても、
痛み止めぐらいしか出せないよとのことで、
(一応64列のCTある総合病院なんだけど・・・)
月曜までは、
ロキソニン60mgのゾロ、ロブ錠が8錠と、
ボルタレン座薬50mgが4つあると言ったら、
それでコントロールして、気になるようだったら、
レントゲンなり撮りに来てくれとのことでした。

尿の色、つまり潜血具合を見るために、
コップに尿を取っていたのですが、
なんか、ゴミみたいなものが、
さっき尿をしたら出てきまして・・・、
精子???とか思いましたが、
違うようで、
よく見ると、結石でした。

ビビったよ!!!

長さ7ミリ大の尿管結石ちゃんです。トゲトゲやん!!!orz orz orz
恐ろしいわ。。。

以下、尿管結石の写真です。
20160515

左はじょうぎです。

痛みは治まってます。
これで痛むのやむといいけど、
こんな結晶が腎臓の中でできているなんて、
恐ろしいわ~

水、1日に2~3リットル飲むのはつらいです。
コーヒーや紅茶、コーラはダメなようで、
水です水。痛んだら、水をがぶ飲みしましょう!!!

以上、トゲトゲした尿管結石が出た話でした。


広告



最近飲んでいる薬2016年春:高血圧・高脂血症・逆流性食道炎

高血圧
アムバロ「ケミファ」:(バルサルタン 80mg アムロジピン 5mg) 1日1回

高中性脂肪血症
イコサペント酸エチル「日医工」 300mgx3カプセルx3
プラバスタチン「日医工」 5mgx1錠x2
トコフェロール酢酸エステル錠50mg「ファイザー」 50mgx2錠x3回

逆流性食道炎
ファモチジン口腔内崩壊錠「サワイ」 10mgx1錠x1回

漢方
大柴胡湯去大黄 1包x3回


まぁ、こんな感じです。


広告



2016年、町医者初め

ツイッターばかりで、
ブログの更新は久しぶりになりますが。。。

町医者に2016年も行ってまいりました。

現状、もらっている薬は、

★高血圧の薬:降圧剤
  バルサルタン 80mg(ジェネリック:明治、先発薬名は「ディオバン」)
  アムロジピン 2.5mg(ジェネリック:明治、先発薬名は「アムロジン」)

★高中性脂肪血症
  イコサペント酸エチル 300mg x9(ジェネリック:日医工、先発薬名は「エパデール」)
  プラバスタチンナトリウム 5mg x2(ジェネリック:日医工、先発薬名は「メバロチン」)
  トコフェロール酢酸エステル 50mg x6(ジェネリック:ファイザー、先発薬名は「ユベラ」)

★スギ花粉症
  オロパタジンOD錠 5mg x2(ジェネリック:明治、先発薬名は「アレロック」)

★逆流性食道炎・胃炎・胃酸過多
  大柴胡湯去大黄 x3(コタロー)
  平胃散 x2(ツムラ)

血液検査の結果、
腎機能を表すクレアチニンが基準値を超えていて、
腎臓が少し弱っていることが分かったので、
炭水化物をたんぱく質に変えて摂る炭水化物抜きダイエットを止めて、
(高タンパク食は腎臓に悪いそうです。)
腎排泄の以下の薬を止めました。

☆ ベザフィブラート(高中性脂肪血症の治療)
☆ ガスター(逆流性食道炎、夜に胃の具合が悪くなるので、夜9時ごろに服薬)
☆ セレコックス(足底筋膜炎の痛み止め)

高中性脂肪血症対策は、
代わりに、中性脂肪にはあまり効かないかもしれないが
プラバスタチンを飲んでます。
コレステロール値はいたって正常なんですが・・・。

逆流性食道炎は、大柴胡湯去大黄だけでも行けるかな~という感じですが、
若干膨満感というか、夜になると胃に少し違和感があるので、
今日、平胃散(朝・夕2回)をもらってきました。
セルベックスの夜だけ頓服はどうですかと聞いたら、
あまりそういう処方はしないといわれてたので、
漢方で対応です。

足底筋膜炎は、足の指に力を入れる感じで歩いて、
かつ、重心を若干前気味にすることと、
靴を、0.5サイズを下げて、
ちょっと、ブカブカ気味だった履き心地を直したら、
少し症状が良くなりました。
あと足指じゃんけんで、足の指をほぐす
ぐらいですかね。

高血圧は、相変わらず、バルサルタンとアムロジピンの組み合わせです。

ここ1~2か月で、3~4キロ太ったので、
去年やせた分が、元の木阿弥です。

なので、かんてんぱぱの、糸寒天とイナアガー(観点より触感が滑らかな海藻産のゼリー)を
LOHACOで買いました。


以上になりますかな。


広告



足底筋膜炎(足底腱膜炎)とボルタレンゲルとスルガムとイブプロフェンとセレコックス

みのりんのサマーキャンプ第1回以来、数年来ずっと痛い左足裏のかかとですが、
足底筋膜炎(足底腱膜炎)だと思います・・・

痛いです。

マジで、ロコモティブシンドロームのレベルです。www

で、
ボルタレンゲルを先日もらって来まして、
名前の通り、ボルタレン等がイソプロパノールに溶かしてあるゲルでして、
塗ると多少は効くものの、
足の裏の皮が厚いためか、そうたいした効果がなかったです。

それと、ゲルが乾燥する際に薄い被膜を作るので、
1日2~3回塗りなおす時に、
いちいち足の裏の患部をお湯を使って、
被膜を洗い落とさなければならないという煩雑さが、
自分には駄目でした。


で、最近、風邪を引いての風邪薬の中に、
スルガム(成分名:チアプロフェン酸)が入ってまして、
これ飲んでる間は、
足の裏のかかとは痛くなかったのです。

という事で、風邪薬を飲み終わっても、
家にあったイブA(成分名:イブプロフェン)を、
飲んでましたが、やはり胃が荒れるのが心配。

なのでなので、
今日町医者に行った時に相談したら、
もう少し胃に負担のない消炎鎮痛薬を出しておきましょうと、
セレコックス(成分名:セレコキシブ)を出してもらいました。

初めての薬来たーーー!!!!!!

痛み物質のPG(プロスタグランジン)生産をする
COX-2(シクロオキシゲナーゼ2)を選択的に阻害する力が強く、
胃にも優しい(COX-1は、比較してあまり阻害しない)という事です。


1日2回服用で済むというのもいいですね。

惜しむらくは、血管心臓系へのリスクがあるらしいです。

ディオバンのジェネリックであるバルサルタン80mg「明治」と、
アムロジピン2.5mg「明治」で、
血圧を無理くり下げている身なので、
血管心臓系にリスクがあると聞くと、
ちょっと怖いですが、
明日からセレコックスを飲んで、
足の裏のかかとの痛みの調子を見てみます。

あわせて、米をちょっと抜き、
タンパク質中心にするという食事療法もやっております。


風邪で、「栄養つけないと」と、食べて体重が戻ったのが惜しまれる・・・orz orz orz


広告



現在、飲んでる薬。

高血圧
肥満
高中性脂肪血症
逆流性食道炎

の薬。




大柴胡湯去大黄(コタロー)・・・気休め肥満対策漢方
ディオバン80mg(ジェネリック・明治)・・・降圧薬
アムロジピン2.5mg(ジェネリック・明治)・・・降圧薬
ベザフィブラートSR200mg(ジェネリック・沢井)・・・中性脂肪を下げる。「リポ蛋白リパーゼ」を増やす。
エパデール900mg(ジェネリック・日医工)・・・中性脂肪を下げる。成分はEPAで、魚油のエステル。
ユベラ50mgx2(サンノーバ(エーザイ系列))・・・ビタミンE


大柴胡湯去大黄
エパデール
ユベラ


大柴胡湯去大黄
ベザフィブラートSR
エパデール
ユベラ


ガスターD20mg(ジェネリック・沢井)・・・ピロリ除菌以降、逆流性食道炎に夜なるので、それの対策。


広告



ディオバン(バルサルタンGE)を80mgにしました。

ディオバンは40mgのジェネリックだったんですが、
血圧の下がりがいまいちだったので、
さらに追加で40mg増やしてもらいました。
(これの前は、ミカルディス40mg、アムロジピン2.5㎎)

結果、

・バルサルタン80mg「ケミファ」・・・ディオバンのGE(ジェネリック)
・アムロジピン2.5mg

になりました。


広告



降圧剤:ミカルディス40mgを、ディオバン40mgのジェネリックに変更

ディオバンのジェネリックが出たので、そちらに乗り換えました。
今まで飲んでいたミカルディスは、降圧作用の他に、
PPARγ活性化作用があります。
「これはいいな~」と、ブロプレスから乗り換えたわけです・・・。

が、
武田の糖尿病薬アクトスは、PPARγ活性化作用も持っているのですが、
膀胱がんの原因疑惑があるので、
なんとなくミカルディスを選んだあとで後悔していたので、
この際、ディオバンのジェネリックに乗り換えました。

ディオバンのジェネリックは、脳梗塞がどうのとか、おまけ作用を求めなければ、
降圧剤としては、ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)の中で安いからです。



これまでの降圧剤の変更暦。(薬価は、投稿した2014年7月1日時点)

ユニシアHD(合剤:ブロプレス8mg、アムロジピン5mg)・・・135.6円

↓・・・血圧が、若干下がってきたから

ユニシアLD(合剤:ブロプレス8mg、アムロジピン2.5mg)・・・135.6円

↓・・・ディオバン・ブロプレス問題が浮上したから

ミカムロAP(ミカルディス40mg、アムロジピン5mg)・・・127.3円

↓・・・血圧が、下がり過ぎるので

ミカルディス40mg・・・125円
アムロジピン2.5mg「明治」・・・17.4円、合計142.4円

↓・・・今回、安いディオバンのジェネリックが出たので

バルサルタン40mg「ケミファ」・・・29.3円
アムロジピン2.5mg「明治」・・・17.4円、合計46.7円

となりました。

(バルサルタンは、ディオバンの成分名です。)





ブロプレス8mg(135.6円)のオーソライズドジェネリックである、
カンデサルタン錠8mg「あすか」は、81.4円。

(カンデサルタンは、ブロプレスの成分名です。)

オーソライズドジェネリックとは、
あすか製薬が武田製薬と資本関係があるために、
作り方やら添加物やら一緒なわけですね。
(ぶっちゃけ、同じもの???)

結果、その分、オーソライズドジェネリックは、
ジェネリックなのに値段が高いと。www





変更暦から
ディオバン40mgで降圧作用が足りないかもと、
薬剤師に言われたので、
足りなければディオバンのジェネリックの量を、
60㎎(40mg+20mg)か80㎎にしてもらいます。

ディオバンは、20・40・80・160mgのラインナップしかないようです。


広告



降圧剤:ミカムロAPのうち、血圧が下がりすぎるため、アムロジピンを減量

ユニシアLDを飲んでいたのですが、
ディオバンに続き、
ブロプレスの治験データ操作疑惑が出たので、
ミカムロAPに変えたのですが、
ミカムロAPだと、
現状では上の血圧が低い時で110前後と、
下がり過ぎるようです。

ちなみに、ユニシアとミカムロの合剤の中身は、

ユニシアLD・・・ブロプレス8mg+アムロジピン2.5mg
ユニシアHD・・・ブロプレス8mg+アムロジピン5mg

ミカムロAP・・・ミカルディス40mg+アムロジピン5mg
ミカムロBP・・・ミカルディス80mg+アムロジピン5mg

ですね。

で、今日、町医者で、
ミカムロAPを飲んでいたのを、
ミカルディス40mg と アムロジピン2.5mg「明治」に、
してもらいました。
単剤2種となりました。

20140604
左が、ミカルディス40mg(先発薬)
右が、アムロジピン2.5mg「明治」(ジェネリック薬)


2種類になっても、他にもっと(エパデールとかユベラとか
ベザフィブラートとかサプリとか)飲んでいるので、
面倒くさくはないです。

それにしても、
アムロジピン「明治」は、薬局の方針なのでしょうかね?

処方箋は、前は、医者側で「明治」と指定していたけど、
今日の処方箋は、どこの会社のでもいいような書き方だったし。。。

「日医工」とかもっと安いのあるのにね~。
何で、ジェネリックの中で薬価の高い「明治」使ってるのと聞くのも、
貧乏さげだし、聞かずに帰りました。。。

アムロジピンの各社の薬価↓↓↓
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2171022.html
このリンクを飛んだ先の上のほうにジェネリック一覧の薬価に飛ぶリンクがあります。


広告



降圧剤:ディオバンに続き、悪いニュースが出た武田薬品のユニシアLD(ブロプレス・アムロジピン合剤)から、ミカムロAP(ミカルディス(テルミサルタン)・アムロジピン合剤)に変更

ディオバンに続き、
ブロプレスに悪いニュースが出ましたね。

具体的には、よくわかりませんが・・・
同じデータを基にしたグラフが二つあって、
云々かんぬんということらしい・・・。
ディオバンと同じ道をたどれば、
武田薬品の強制捜査ということになるね。


ブロプレスとその合剤・ユニシアシリーズは、
武田薬品の稼ぎ頭ですが、
ブロプレス単体自体は、
1999年発売なので、
特許がもうすぐ切れます。

このニュースは、
アジルバ(武田の早朝高血圧にも効くという
最新のARB系降圧剤)に変更せよという、
武田の策略なんですかね???


ちなみに、
2014年2月17日付けの株式ニュースで、
武田薬品と資本関係があるあすか製薬が、
ブロプレスのジェネリック薬
(武田薬品お墨付きの意で
「オーソライズドジェネリック」というらしい)を
6月に発売するそうです。

で、ARBについて調べて、いろいろ考えた結果、
ユニシアLD(ブロプレス8mgとアムロジピン2.5mgの合剤)を
ミカルディスという系統の薬に変更することにしました。
処方されたのは、ミカムロAPという薬で、
ミカルディス(テルミサルタン)40mgとアムロジピン5mgの合剤です。

ミカルディス(テルミサルタン)は、降圧作用のほかに、
選択的PPARγ活性化作用というおまけがついているので、
インスリン抵抗性の改善とか、
糖代謝・脂質代謝の改善とか、あるようです。
あくまで、おまけですが。

なお、
ミカルディス・ミカムロは、
日本ベーリンガーインゲルハイムの薬です。



ミカムロAPの広告・・・
http://www.ryudai2nai.com/doc/20120110_2.pdf

PPARγとは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/PPAR%CE%B3


広告