広告


便利ソフト

カテゴリ:便利ソフト の記事一覧

ウィンドウズ8(64ビット)での動画キャプチャ:「Bandicam」試用のレビュー

まぁ、動きますが、
無料体験版は、10分までしか録画できないし、
ロゴが入るので、使えないわーーー。

会社作った人の国籍もねー、
朝鮮らしいので、いただけません。



ウィンドウズ8(64ビット)での動画キャプチャ:「AG-デスクトップレコーダー」試用のレビュー

「AG-デスクトップレコーダー」はフリーソフトですが、
このソフトは、使いやすいですね。

まず、録画領域の指定がしやすい。

設定は、
リアルタイムエンコードで、
コーデックは「Windows Media Video 9」で、
29.97fpsでコマ落ちすることなさそうで、
音質は、適当に、320Kbpsでやりました。

タスクマネージャを見て、
スペック的(core i7-3770 3.40GHz、メモリ16G)に
全然余裕があるので、
リアルタイムでエンコードしてます。
スペック的に厳しい場合は、
バッファリングエンコードにしたり、
fpsを20とか15ぐらいに落としてみましょう。


「カハマルカの瞳」で問題になった音量が低いという問題ですが、
こちらのソフトでも起こりました。
内臓のミキサーを通すと、100%でも、小さいんですね。
録音側のミキサーが、だめで使えませんね。www


なので、ミキサーは通さないと思われる、
ループバック音源で録音しました。
これは、PC上の音を全部録音する設定だと思われます。
再生音量は50です。

「AGC」という、
音圧を一定に保つ機能がこのソフトにはありますが、
これをオンにすると、音が変な風になります。
音量を「+20%」とか「+30%」とか、
録音のゲインを調整できるといいんだけどな~~~



WIN8の64ビットにしたら、
rtmpdump系でうまく録音ができなくなったので、
たぶん、ニコ生はこれからは、
「AG-デスクトップレコーダー」で、
録画します。

ウィンドウズ8(64ビット)での動画キャプチャ:「カハマルカの瞳」試用のレビュー

rtmpdumphelperでニコ生が、うまく録画できないので・・・
動画キャプチャの方向に方針を転換しました。

ウィンドウズ8(64ビット)で
画面の一部を動画キャプチャしたいんで、
今いろいろとソフトを探してます。。。

まずは、「カハマルカの瞳」、
WIN8(64)でも動きました。

「カハマルカの瞳」で、
ニコ動の画面からキャプチャなので、
PCの性能に依存するのだが、
ディスクアクセスがボトルネックになるのか、
30フレームは無理でした。

20フレームでのキャプチャが限界みたいだった。

キャプチャする範囲は、ニコ動なので、小さいんだがな~~~。

画質は問題なし。

音量が小さいのが問題。
これはどこかをいじれば治ると思う。

2分で2G、HDDを消費するので、
(しかも、2Gごとにファイルが分割される。www)
2時間(120分)超えぐらいの
ライブのキャプチャには不向きか???



有料ソフトじゃないとダメかな~~~
困った・・・

「WINDOWS 8」で、realtekの呪いで、PC上の音声が録音できない件を解決。

「Moo0 ボイス録音器 1.31」という、
便利なmp3録音ソフトがあります。
(ベクターからダウンロードできます。)

サイレントサイレンが出る水曜の
NACK5の深夜ラジオ(午前1時~6時)を、
さすがに起きて聞いてはおれないので、
XP機(DELL INSPIRON 530)時代は、「Moo0 ボイス録音器 1.31」で
録音していたわけですが、
この古いPCをウィンドウズ8(32ビット)にアップグレードしたら、
録音できなくなりました。

これまでの知識を総動員して感覚として、
realtekの糞が、また悪さしてるんだろうな、
「ステレオミキサー」が、存在しないなんて・・・

という結論に達しまして、
人柱として、realtekが公開している、
最新のドライバーを入れてみました。

(最近、「WINDOWS 8 ステレオミキサー」などで検索で、
来られる方がぽつぽついますが、
realtekのチップじゃない人は、
この記事に当てはまりませんよ。
チップが、realtekの方のみ、
ドライバーをインストールしてください。
2013年1月2日追記)


ちなみに、WIN8にアップグレードしたては、
オーディオ関係のは、
マイクロソフト製のドライバーになってました。

ダメな所はそれを作ったところ、
つまり、realtekが、
一番知っているだろうということですよー。


ということで、realtekのHPへ行って、
ドライバーをダウンロードしてきました。

http://www.realtek.com.tw/downloads/

ここで、

「High Definition Audio Codecs (Software)」

を選び、次の画面で、

「I accept to the above. 」にチェックを入れて、
「NEXT」ボタンを押します。

私の場合は、32ビットなので、
32ビットバージョンをダウンロードします。

20121028-0
(クリックで、詳細画像)

ダウンロードサイトが6つあるので、好きなところから選びます。
回線が太そうな(ダウンロード時間が短そうな)USで、いいと思います。

32bit_vista_win7_win8_r270.exe   ←ダウンロードしたのは、これね。

ダウンロードしたら、クリックして、インストールします。

インストール完了後に、再起動が必要です。

再起動すると、
以下のように、「ステレオミキサー」が現れます!!!やりました!!!

20121028-1

これを選んで、上記のように有効にすれば、録音可能になりました。
録音音量は、プロパティ内部で、調整してください。

インストール後には、以下のように、コントロールパネル上に、
「Realtek HD オーディオマネージャ」というのも現れます。

20121028-3
(クリックで、詳細画像)

20121028-2
(クリックで、詳細画像)


以上。

DELL「INSPIRON 530」に「WINDOWS 8」導入と、ネットラジオ録音体制




4~5年前のかな、DELLのinspiron 530(XP機)に、
Windows 8の32bitバージョンを、導入しました。

メモリ1Gしか積んでないけど、超ぬるぬる、動く~~~!!!!!


ぶっちゃけ、ソフマップで、
アップグレード版が、6080円と、安かったので。
(ダウンロード版は、3300円で、もっと安いです。)

で、いろいろ、ネットラジオのダウンロードを試してみましたので、
ご参考までに。



アップグレード アシスタント レポートで、
「Intel PRO Network Connections」を入れなさい的なメッセージが出たので、
WIN8-32bitのを入れようとしたが、入れれなかった。
入れなくても、ネットはつながるので、要らないようだ。


google chrome インストール


real player インストール(XP SP3互換モード)
・・・ニコ生をkakorokuで、ダウンロードしたもので、動画と音声の始まりがずれたりしていて、
認識されず、GOMで再生できないものを再生。


GOM PLAYER インストール(XP SP3互換モード)
・・・ニコ生をkakorokuで、ダウンロードしたものを再生。


「超A&G+」のFLVのストリーミング録画の試験をしようとしたのだが、
コマンドを直接入れる方法がなくなっているのか、
ググると、MS-DOSは、16ビットだそうで・・・
OSは、32ビット版w

なので、
rtmpdump.exeというコマンドを動かすため、
16ビットアプリケーションサポートを有効にしました。

方法は、コントロールパネルで、右上の検索に、「DOS」と入れると、
「プログラムと機能」の項目として
【16ビット アプリケーション サポート】と、出てきますので、
開いて、これを有効にする。

バッチファイルの作り方なんて知らないので、

C:\rtmp\rtmpdump.exe -r rtmp://fms-base1.mitene.ad.jp/agqr/aandg2 --live -o "C:\rtmp\temp\aandg.flv"

と書いたテキストの拡張子を、batにして、終了。

このバッチファイルで、録画の試験をしてみたが、成功。
これで得られたFLVファイルの再生環境は、
GOMが、失敗が多くて、
realは、ちょっと重いので、
VLC media player をインストール。
VLCで、再生良好。


GASこと、getasfsteam(Ver 2.3.0.0c)を、
ベクターからダウンロードしてインストール(XP SP3互換モード)。

ランティスのラジオで、GASを試し、
使えることを確認。


音泉・アニたまから、
real player付属のダウンローダーのIE用アドオンで、
ダウンロードできない問題を確認。
これまで、ダウンロードできていたので、これはかなり問題!!!ぐぬぬっ

ネットラジオ等のURLを特定するため、監視ソフトが必要だな~と・・・

通信を監視するwiresharkというのを入れようと思いましたが、
同梱のWinPcapが、互換性がないよと、
wiresharkはインストールできたが、WinPcapが、インストールできず。

別のソフト、URLSnooper2を入れてみたが、
通信を監視する役割を担うWinPcapが、ないから、
解析できず。。

いろいろググって、試行錯誤した結果、

http://blogs.gine.jp/taka/archives/2455

のブログを参考にし、WinPcapのインストールに成功しました。

途中、URLSnooper2が、WinPcapがPCの通信アダプターを
見失なったよというようなエラーを吐くので、
困りましたが、なんとか、WinPcapを「XP SP3互換モード」で、
インストールして、上手くいきました。

なお、URLSnooper2は、ウィンドウズ8で、そのまま動かしてます。
こちらを、「XP SP3互換モード」にすると、
先ほど出てた同様のエラーが出て、解析が止まってしまうんですね。

つまり、URLSnooper2は、単体でインストール、互換モードではなく、Win8で。
WinPcapは、wiresharkに同梱されているのを、
「XP SP3互換モード」にして、インストールで、
URLSnooper2が、正常に動くようになりました。

これで、real player同梱のダウンローダーが使えない状況でも、
音泉・アニたまは、
URLSnooper2+WinPcapをつかって、URLを特定し、
getasfstreamを使って、ダウンロードできます。


大体、ダウンロードしたいところのネットラジオは、
ウィンドウズ8で、ダウンロードできる体制が整いました。

まぁ、ダウンロードしても、聞かないの大半なんだけどね。。。www


あぁ、AG-ONのダウンロード、検証してないわ。。。
まぁ、そのうち、やります。

フラッシュ利用動画のダウンロード方法:文化放送のAG-ONのダウンロードに、RTMPExplorer・RTMPDump・RTMPDumpHelper等を使って成功

最終更新は、2013年12月28日です。

AG-ON側の対応によっては、ダウンロードできない場合があります。

また、もろもろの点、自己責任とご了承の上、ご利用下さい。



(2012年5月6日記述)
いろいろと調べて、2時間ぐらい格闘しまして、
AG-ONの動画のダウンロードに成功しましたよ。

必要なソフト:
RTMPExplorer
RTMPDump(バージョン2.4)


参考サイト:
http://blog.livedoor.jp/brsscl/archives/212209.html


せめて、getasfstreamやorbitで、
ダウンロードできる仕組みにしてほしかったな~
どうせ、誰かが、ニコ動にうpするんだしさ・・・

まぁ、勉強になったけど、
ハードル高すぎ。。。w


(2012年10月22日記述)
久しぶりにAG-ONをダウンロードしようとしたところ、
上記方法では、出来ませんでした。

いろいろ試した結果、rtmpsuck.exeを(今回は、rtmpdump.exeのバージョンじゃないのが味噌)、
下記のZIPを解凍したフォルダのなかにあるバージョンのものを使用すると、
失敗の時には出なかった、
ハンドシェイク云々というメッセージが出て、
成功します。

http://hotfile.com/dl/147836445/c6acabf/rtmpdump-2.4.zip.html



(2012年10月22日記述)

ただ・・・、

RTMPExplorer
RTMPDump(バージョン2.4)

の組み合わせで、ダウンロードするよりも、
簡単な方法が見つかりましたので、

それは、

RTMPDumpHelper ver 1.15
rtmpsuck.exe
rtmpsrv.exe

を使う方法です。

RTMPDumpHelper は、

http://www.nirsoft.net/utils/rtmp_dump_helper.html

の 

Download RTMPDumpHelper

からダウンロードして、解凍してください。
この解凍したフォルダに、

rtmpsuck.exe と、
rtmpsrv.exe を入れます。

この rtmpsuck.exe と、
rtmpsrv.exe の入手先は、

http://hotfile.com/dl/147836445/c6acabf/rtmpdump-2.4.zip.html

からZIPをダウンロードして、解凍します。

このような状態にします。

20121022-1

RTMPDumpHelper.exe をクリックし、実行します。

不審なプログラムじゃないかと、初回は、
警告が出ますので、
「ブロックを解除する」を押します。

RTMPDumpHelperの窓と、
DOS窓(rtmpsuck.exeが動いている)の2つが
現れます。

(ここまでに、AG-ONに、ログインしておく。
AG-ONのID等は、覚えさせておく設定で。)
ダウンロードしたいAG-ONの再生するボタンを押し、
再生用ウィンドウを出現させます。

DOS窓のほうに、いろいろ解析結果が表示されます。

で、そのまま、AG-ON本編をスタートさせます。

すると、また、DOS窓に、解析情報が表示されます。
同時に、ダウンロードが始まり、
ターゲットの番組のMP4ファイルが、生成されます。

30分番組は、30秒ぐらいで、ダウンロードできます。

また、同時に、Command.batというファイルも出来ますが、
これは、放置しておいてもかまいません。
(rtmpdump.exeで、ダウンロードする時の
詳細なパラメーターかなと思いますが・・・)

まぁ、こんなところですな。



PS:
ちなみに、超A&G+のストリーミング(FLV)自体の録音・録画については、
こちらをご覧下さい。
http://takashi31415.blog21.fc2.com/blog-entry-2348.html


(2012年11月14日記述)

11月14日現在、今度は、
AG-ONが、「RTMPDumpHelper ver 1.15」で、
ダウンロードできなくなりました。

RTMPDumpHelperが、狙い撃ちにされたようですね。


もともと、ダウンロードをやっていた、

RTMPExplorer
RTMPDump(バージョン2.4)

の方法では、成功しましたので、書いておきます。

皆さんも、ダウンロード出来なくなった時は、
いろいろ試してみてくださいね。


(2012年11月14日記述)

ちなみに、

rtmpexploreX Ver 1.1
RTMPDump(バージョン2.4)
インターネットエクスプローラー(こちらでログインしてID/PASSを覚えさせておく。)

の組み合わせでも、AG-ONのダウンロードができました。(WIN8で、要.NET Frameworkでした。)
rtmpdumpは、ビルド(ソースから実行ファイルを作ること)した人によって、
2.4でも、いろいろと、出ていると思うので、
某掲示板とかで、最新のものとか、探して、
試行錯誤してください。
rtmpexploreXの使い方のついては、
詳しいサイトがあるようなので、
そちらに任せます。ググればすぐ見つかります。

「rtmpexploreX 1.1」のダウンロードサイトは、こちら。
https://github.com/andr3jx/RTMPExploreX/downloads



(2013年12月28日記述)

以前使ってたPC(ウィンドウズ8の32ビット)が壊れて、
新PCを使って数か月ですが、
新PCは、ウィンドウズ8の64ビット機です。

で、環境が変わったため、AG-ONを聞かなくなってしまったのですが、
RTMPDumpHelperのver1.21まで出ていたり、
64ビット版まで出てたりして、いろいろ進化しているようですが、
当方の新PCではRTMPDumpHelperのver1.21で、
IE・chrome・safariともに、連携がうまくいかないのか、
2013年12月28日時点で、
failとなり、録音録画できませんでした。

他の方法でも、録画できないように、対策されているかもしれませんが・・・

一応、ヒントにはなるかと思いますので、
このエントリーは消さずに残しておきます。

それにしても、uliza、ウザイですね。


最近は、私は、必要な動画は、新PCの高スペックなことに頼って、
実時間使って、動画キャプチャしてます。

簡単に使える動画録画ソフト:「AG-デスクトップレコーダー」
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se484960.html

AG-ONは、見なくなったので、この方法、使ってませんけどね。w

ランティスのネットラジオがダウンロードに失敗する!

最近になって、
なんだか、GAS(getasfstream2.2.0.4)で
ランティスのネットラジオを
ダウンロードしようとすると、
エラーが出て、うまくダウンロードできなくなってしまいました。

なので、URLSNOOPER2で
mms://ほにゃらら~
を解析して、
orbitで「.wsx」ファイルを
ダウンロードして(失敗する場合は再スタート)、
ダウンロードが成功したら、「.asf」にリネームします。

これで、終わりかと思ったら、
orbit特有の罠が。。。
asfファイルがシーク出来ないんですね。

でぐぐったら、
以下のサイトが見つかりました。

wmvファイルのシークが出来ない時の修復方法
http://omni-bus.jugem.jp/?eid=948

WMVConcat
http://bzl.blog.eonet.jp/weblog/2009/03/wmvconcat.html

で、
http://www.yourfilehost.com/media.php?cat=other&file=WMVConcat2008R6.zip
から、
WMVConcatのzipをダウンロード・解凍し、
WMVConcatGUI.exeを起動し、
シークできないファイルを放り込んで、
修復ボタンを押し、
出力先フォルダを選ぶと、
うまく、修復されました。

ちなみに、
要.NET Framework 3.5となってましたが、
2.0が既に入っている環境でして、
3.5をさらにインストールせずに修復できましたよ。


携帯動画変換君:PSP向けに変換できず。

かもさんのイベントと能登ちゃんのイベントとみのりんの追加横浜に参加するべく、
遠征するわけですが、電車中で映画を見ようと、
寝ている間にPSP向けにDVDからリップVOBファイルを
MP4ファイルに変換させていたのですが、
2点ほど新規にこつがわかりました。

1.
mediacoderの変換に使われているらしい、
atomexchanger.exeは入力元・出力先に日本語が含まれていると、
PCがフリーズに近い状態となり、再起動しなくちゃいけなくなる。
その時に出来た、MP4ファイルはPSPでは認識しない。orz orz orz
(THMファイルがなくても、
MP4のファイルの形式さえきちんとしていれば、
PSPで認識でき再生できる)

2.
携帯動画変換君のPSP向け(非ダイレクト)変換の、
「QVGA/29.97fps/768kbps Stereo/128kbps」でやってみたのだが、
これは全然駄目だった。出来上がったMP4ファイルをPSPが認識せず。藁

以下、 Transcoding_PSP.ini を検証

=========================
[Item0]
Title=QVGA/15fps/216kbps モノラル/48kbps
結果:駄目、認識されず

[Item5]
Title=QVGA/15fps/512kbps ステレオ/96kbps
結果:駄目、認識されず

[Item6]M
Title=QVGA/29.97fps/768kbps ステレオ/128kbps
結果:駄目、認識されず

[Item7]
Title=QVGA/29.97fps/1500kbps ステレオ/128kbps
結果:駄目、認識されず

[Item8]
Title=QVGA/29.97fps/QB4 ステレオ/96kbps
結果:駄目、認識されず

[Item10]
Title=QVGA/29.97fps/QB10 ステレオ/96kbps
結果:駄目、認識されず

[Item11]
Title=368x208/29.97fps/768kbps ステレオ/128kbps
結果:駄目、認識されず

[Item13]
Title=368x208/29.97fps/QB4 ステレオ/96kbps
結果:駄目、認識されず

[Item16]
Title=AVC QVGA/29.97fps/384kbps ステレオ/128kbps
結果:成功!!!★

[Item17]
Title=AVC QVGA/29.97fps/VBR QB25 ステレオ/128kbps
結果:成功!!!★
=========================
結局、AVCと表示されているものしか、駄目という結論。

mediacoderをupdate

http://www13.atwiki.jp/mediacoder/を参考にして、
mediacoderのupdateをしました。

ちょっと、今まで使っていた奴が、
セッティングを初期化できなかったりと、
ちょっと不可解な挙動をしだしたのでね・・・

といっても、最新版ではありません。
確認された、真の安定版の最新のということで、
0.6.1.4166
です。

旧バージョンをアンインストールして、新バージョンをインストールしました。

日本語版じゃないのが、使いにくいですが・・・
今の所、不具合はありません。

peercastでイエローページが表示されない時に文化放送を聴く方法。

文化放送
http://127.0.0.1:7144/pls/65051E037A7A2A3433090065051E037A

文化放送/TBS
http://127.0.0.1:7144/pls/741EA34F0B78BE5B3EAA0F03A4DB51FE

peercastを立ち上げて、上記のアドレスをIEにぶっこめば、OK。