広告


ピロリ除菌、その後の逆流性食道炎

カテゴリ:ピロリ除菌、その後の逆流性食道炎 の記事一覧

胃炎にピロリ菌除菌の保険適用???:胃がんの原因のピロリ菌除菌、安易にすると、逆流性食道炎に!!!

胃がん・潰瘍の原因が、
ピロリ菌にあると言われて久しいですね。

私も、以前、ちょこっと検診みたいなやつで、
尿検査で、検査しまして、
陽性だったので、
自費で、除菌しました。

その除菌の様子は、カテゴリーから見てください。

>>当ブログ・カテゴリー:ピロリ除菌、その後の逆流性食道炎<<


が、除菌成功のその後、胃・食道の具合が、
悪くなりました。


胸やけ・CMでおなじみの呑酸(どんさん)・胃酸逆流などなどの症状が・・・

病名は、逆流性食道炎です。www


それまでは、ピロリ菌(アンモニアを生産して胃酸を中和)がいたことで、
活動が抑えられていた胃酸の湧出が、
活発になり、胃酸過多を通り越して、
逆流性食道炎になってしまいました。

大柴胡湯去大黄という漢方で、
ずっとしのいできましたが、
いまいちなので、

ガスターD20というガスターのOD錠のジェネリック薬
ファモチジンD錠20mg「サワイ」を、
1日1錠飲んでます。



後発薬:ファモチジンD錠20mg「サワイ」・・・1日分:薬価15.8円
http://www.qlife.jp/meds/rx13985.html

先発薬:ガスターD錠20mg・・・1日分:薬価49.3円
http://www.qlife.jp/meds/rx10105.html


まぁ、胃がんのリスクが減るのはいいですが、
ガスターを一生飲まないといけないとなると、
考えもんですね。


胃炎で、簡単に保険適用で除菌できるようになると、
その後の副作用、逆流性食道炎が流行るのではと、
心配です。w


広告



ピロリ除菌後の逆流性食道炎

ピロリ除菌後、時々、胃の調子が悪くなることがあって、
逆流性食道炎と、診断されているんですが、
ピロリがいることによって、
抑えられていた胃の働きが、
菌がいなくなったことによって全開になって、

胃酸分泌されすぎて、逆流性食道炎になるんだって。

前もって、病院の先生、説明してくれよ!!!
って感じ。これからピロリ、除菌する方は気を付けてね。


で、漢方、私の場合、
大柴胡湯去大黄
(大黄は下剤で、下剤成分を除去した大柴胡湯という意味)
で、しのいでいたんですが、
効果はなくはないんですが、
夜間・深夜になると、
胃酸が上がってくるとか、
不快感があったので、
この際、西洋薬もらいました。

セルベックスとかムコスタとか、
胃の粘膜の保護薬という選択もあったのですが、
もっと積極的に治療しようということと、
ガスター、長期に飲んでも、
大丈夫ですよと言われたので、
(てっきり、ガスターって、数日間だけ飲むもんだと思ってた・・・)
ガスターD(OD錠のジェネリック、メーカーはサワイ)を飲むことにしました。

1日1回20ミリグラムです。

病態の重い人は、20ミリグラムx2や、40ミリグラムx1、
という処方が多いみたいだけど、
私の場合、先の漢方も、一緒に飲むということで、
20ミリグラム1回です。

飲むタイミングは、朝1回と、されたんだけど、
今現在、夜間・深夜に症状がひどくなるので、
半減期も考えて、
そのちょっと前に、午後9時~10時ぐらいに、
飲むことにしました。

胃が正常になってくれば、指示通り、朝1回にして、
それで夜に症状がなければ、朝1回にしたいと思います。


広告



ピロリ菌、除菌成功!!!

呼気検査の結果、
2.5以上が陽性のところ、
0.1でした。

1回目の抗生物質で、
見事、ピロリ菌がいなくなったようです。


広告



ピロリ菌の除菌確認検査

呼気検査やってきましたが、
自費で9000円弱。

高かった、検査代。。。orz

6月中旬ぐらいに結果分かります。


広告



ピロリの除菌薬飲むの終了

抗生物質飲み終わった。

なんか口が苦いという味覚障害がでてるので、
亜鉛のサプリ買ってこようかな。

あとは、1ヵ月後の検査次第で、
除菌完了か、薬を変えての二次除菌か。


広告



味覚障害

ピロリ除菌中で、抗生物質を飲んでいるため、
その副作用で、何にも食べてなくても、口の中が苦い。
あと、塩味の感度が落ちてるように思う。

たぶん、クラリスロマイシンのせい。
味覚が正常に働くには、亜鉛が必要なんだけど、
クラリスロマイシンは亜鉛をキレートするらしい。

下手に亜鉛サプリを取って、
クラリスロマイシンの濃度が下がったら、
抗生物質を飲んでる意味ないので。

まぁ、今週末まで我慢だな。


広告



今夜から1週間、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌

一時は、ガスターD錠に頼る日々でしたが、
胃・食道の状態が良くなってきたので、
近くの総合病院へ行ってきました。

「潰瘍ありでピロリ菌を除菌」の場合は、保険適用なのですが、
私は、潰瘍があるかどうかは調べてないので、
除菌は、自由診療で全額自費です。

女医さん開口一番、
まず胃カメラを飲みましょうかって言うけどさ
(暗に「潰瘍があれば、保険が効くよ」と言いたいんだろうけどさ・・・)
胃カメラ飲むような事体は嫌だから、除菌するんじゃないのーーー。
と、固辞。


総合病院だから、待ち時間多くて、結構かかった。

病院のほう、費用は、「保険の点数X150%」取られました。5242円也。
マックス100%じゃないのとか思ったけど、
自由診療だから、何%でもいいらしい。

どれだけでもぼったくれるシステム。。。orz


薬局のほうは思ったほど取られなかった。
7880円で済んだ。

薬剤師さんと話をしていて、
飲み忘れをなくすために
1日分が1シートにまとめられてる「ランサップ」というのだと、
薬代だけで3万円を超えるようです。高っ!!!

私の場合、抗生物質とPPIが単剤で出されたので、安く済んだのかなと。。。
ちなみに薬の名前を書いておくと、

タケプロンカプセル30 30mg x2
パセトシンカプセル250 250mg x6
クラリシッド錠 200mg x4

で、7日分で薬代だけの点数は581点、10倍して費用は5810円です。

一包化もしてくれました。

あとは、乳酸菌(レベニン散:わかもと製薬の抗生物質耐性乳酸菌)が出されて、
その費用と、もろもろの調剤技術料で8000円弱となりました。

事前にいろいろ調べて、
病院と薬局で、合計2万円ぐらいはかかるかなと思ってたので、
案外安くてよかったよ。


ピロリ菌の除菌に成功しますように!!!

PS.
調剤薬局で、中性脂肪・コレステロールを下げるリポバスは、
今回もらった薬と一緒に飲まないほうが、
腎臓にいいといわれましたので、
リポバス、一週間強、中止します。


広告



ヘリコバクターピロリ菌、除菌方法

ヘリコバクターピロリ菌、除菌方法

以下の3剤を、1週間飲む。
決して途中でやめないこと。
途中で止めると、抗生物質耐性菌が発生するから。

・プロトンポンプ阻害薬(胃散分泌抑制)
・アモキシシリン(β-ラクタム系抗生物質)
・クラリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)

上記3剤がセットになった、
ランサップ400およびランサップ800というパッケージがある。

http://www2.takedamed.com/content/search/doc1/122/tenpu/tenp122.html

主な副作用は、下痢・水様便・味覚障害(苦味)。
(昨年3月の舌乳頭腫切除後の感染症予防で
抗生物質1週間の飲み続けた時に、
水様便で死にました。orz)

除菌をする事前の3週間ほど、
ヨーグルト・LG21を摂取しておくと、
(ピロリ菌がクラリスロマイシン耐性だったとしても)
除菌に成功する確率が高まるらしいので、
現在、LG21摂取中。

除菌に失敗したら、
クラリスロマイシンに変えて、
メトロニダゾール(イミダゾール誘導体)を使う。
メトロニダゾールでも失敗したら、
レボフロキサシン(ニューキノロン系合成抗菌剤)を使う。


あぁ、除菌の判定は、除菌後4週間以上あけて、
C13(非放射性同位体元素)でラベルした尿素を飲んで、
呼気検査で行います。
ピロリ菌がいると、尿素(C13でラベル)が
ピロリ菌の持つ酵素・ウレアーゼで分解され、
CO2(C13)として息に混じります。
その濃度を測ります。

http://www.otsuka.co.jp/disease/pylori/urea1.html


ちなみに、LG21を種菌にして、
家でヨーグルトできないかなーとぐぐったけど、
駄目のようです。偏性嫌気性菌らしいっす。
(偏性嫌気性菌・・・酸素存在化で生存不可能な菌)
実験室レベルだと、
空気をアルゴンや窒素で置換してやればいいが、
家庭にはそんなのはない罠。。。

こんな所かな。


広告



胃薬、貰って来た。

町医者へ行って、
ガスターD錠20mg(H2ブロッカー)と平胃散という漢方をもらってきました。

ショウセイリュウトウが、
胃・食道の荒れに関係してるのか関係してないのか、
分からなかいが、
対症療法としては、H2ブロッカーでいいんではないかと
いう結論で、様子を見ましょうと。

あと、ピロリの除菌はやはり、
混合診療の禁止があるので、
待ち医者では出来ない様子。
やりたいなら、総合病院でやってくれといわれました。

除菌するかしないかは、
胃癌家系かどうかとか、潰瘍持ちかどうかとか、
考慮してやってくれと。
ただ、ちょうどNHKーBSで深夜にやってたけど、
統計的に、ピロリ保有者が多い高齢者は潰瘍の率高いんだよね~。

ちょっと費用が高くても、
胃癌防止のために、除菌しておきたいな~。


広告



ヘリコバクターピロリ菌、検査結果『陽性』

花粉症薬の漢方・ショウセイリュウトウをぼちぼち飲み始めてから、
胃上部というか食道というか胸部から喉ぼとけ辺りまで、
胸焼け・灼熱感とゲップがするんだよね。

胃炎か逆流性食道炎かね、まいったな・・・orz と思い、
いろいろぐぐってたら、ヘリコバクターピロリ菌がいると、
具合が悪く、
後々、潰瘍とか癌とかになる確率が上がるらしい、
と分かった。

が、さらにぐぐると、
潰瘍の診断がついてないと、
ピロリの除菌治療は保険適用でできないらしい。

つまり、ちょっと胃・食道の具合がちょっと悪いな~では、
抗生物質での除菌治療ができないということだ。

加えて、自由診療と保険適用と同時にやる
混合診療は現行法では認められていないから、
いつも行ってる町医者じゃ、
対応が無理っぽいかな~というのと、

以前、舌の良性腫瘍(乳頭腫)で口腔外科にかかった総合病院で
数千円の保険外の自費で確かピロリの抗体検査(尿で)やってたな・・・、
と覚えていたので、
週明けて今日、そこの総合病院に行ってきました。

内容は、先にお金2500円を払って、
尿検査して検査結果をもらうだけ。
医師による診断はなしというもの。

ものの30分ぐらいで終わりました。

結果は、立派な『陽性』

ヘリコバクターピロリ菌が胃に住んでいるようです。

胃癌は嫌なので、除菌治療するかな~。

自費でいくらかかるんだろう???


広告